> Home
評価損(事故落ち)
交通事故による車両の価格落ち

ぼくのクルマ事故られちゃったんだけど、下取り(買取り)に出すとき価格が下がっちゃうのかなぁ? その分どうなるのかなぁ?

後部に追突事故


損害 事故修理費

評価損(事故落ち)




1. 事故に遭遇する

ある日、信号待ちで停まっていると、後ろから「ドスン」と追突された。

ぶつけられた部分は、直してもらったけど、友だちに「価値が下がるんじゃないの」と言われた。

後部事故現状車



2. 価格落ち証明があるってホント?

ネットを見ていたら、査定協会で証明してくれるみたい。電話で問い合わせたら、事故の大きさを聞かれた。どうも事故の大きさによって、証明される場合と、証明されない場合があるようだ。

ぼくのクルマは後部の事故なので、「トランクフロアに修復跡があれば、評価損(事故落ち)になる」と言われた。

修復歴車の定義
(1) フレーム (サイドメンバー)
(2) クロスメンバー
(3) インサイドパネル
(4) ピラー
(5) ダッシュパネル
(6) ルーフパネル
(7) フロア
(8) トランクフロア
(1)から(8)の骨格部位に損傷があるもの又は修復されているものは修復歴となります。但し、ネジ止め部位(部分)は骨格にはなりません。



3. クルマを見てもらう

査定協会の東京都支所にクルマを持ち込んだところ、査定士が事故修復跡を細かくチェックして、「これは評価損(事故落ち)がでますね」と言われた。




4. 後日、証明書が送られてきた

実物は、A4用紙で、事故損傷による減価額、評価物件目録等が記載されていた。

◆ 事故減価額証明書



5. 事故減価額証明書を入手するには

1) まず、査定協会に電話で問い合せます。
・事故の部分や大きさ等を説明します。
・査定する日時を予約します。

2) 指定の日時に、査定する車を持ち込みます。
・自動車検査証を持参します。
・修理見積書の写し(コピー)を持参します。

3) 査定時間
・通常は30分位
(修復部位の確認により、長くなることもあります。)

4) 証明書の発行
・後日、事故減価額証明書が送付されます。



6. 査定協会からのお願い

クルマをぶつけられ修理した後でも、事故の程度によって価格が下がることがあります。査定協会では、その価格落ち分を「事故減価額」として証明しています。

事故減価額証明書を発行するには、次のものが必要です。
修理見積書の写し(コピー)
証明手数料
(車種や排気量などにより定められています)

※ 第三者機関として公正な立場で証明するものです。
※ 示談交渉等には関与いたしません。



お問い合わせは、査定課 まで

一般財団法人 日本自動車査定協会 東京都支所
〒108-0023
東京都港区芝浦3-11-13 SUDO BLD. 4F (案内図
電話番号:03-5418-7001
(受付時間:平日9:00〜12:00 / 13:00〜17:00)